2011年05月29日

イキウメ「散歩する侵略者」

 前川知大を知ったのが「抜け穴の会議室」という作品で、そこからハマっているわけですが、「散歩する侵略者」はおそらくそれまでの代表作なんだろうに観ることができてない、という悔しさがあったもんですから、これは相当楽しみにしてました。そして、これがまた全く期待を裏切らない面白さでありました。

 本当のところ、予備知識なしに観ることをオススメしますが、はじめのほうだけ軽く触れると、ある男が宇宙人的な何かに乗っ取られているらしく、キャラが別人のようになってしまっています。記憶はあるらしいのに、いろんなことがわかんなくなっていて、子どものように振る舞っていて。病院での検査でも原因は不明。妻は戸惑います。生活費や医療費も意識しますし、いつ治るのかも見通しはないわけです。そんな中、街では、共通したある異変が起きていて…。

 「プランクトンの踊り場」のときに書いたことと共通していますが、目の前で何か理解しがたい現象が起きていて、その謎の吸引力が強いまま見入っているうちに、その背景となるルールが少しずつわかってきます。その過程で新しい謎も登場しながら、次第に明らかになっていくと、その設定の面白さ、深さに、ますます興味を惹かれていくというサイクルに入り込んでいき、そこにある普遍的な問いと、人間ドラマに導かれて感動させられます。

 本作の着地も、この設定からこの感動的なところへ向かうのかと溜め息がもれるような終盤の展開でした。ほとんど、泣きそうでしたし、周りでもすすり泣く声がもれてました。


 作・演出 前川知大
 出演 伊勢佳世 窪田道聡 浜田信也 岩本幸子 安井順平 盛隆二 森下創 坂井宏充 大窪人衛 加茂杏子
 5月28日夜
 シアタートラムにて
posted by 行き先不詳 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風琴工房「紅き深爪」

 昨年観た中では、1番強烈に残ったのが風琴工房の「葬送の教室」だったので、当然のごとく、といった感じで足を運びました。本作は、再々演のようです。上演時間は約1時間程度。児童虐待が取り上げられていて、ショックングな場面もあり、張りつめた空気の中での緊張感のある1時間でした。

 危篤状態の母親を看病する娘がいて、その姉が妊娠中にも関わらず酔って病室にやって来ます。この姉妹を軸にして、危篤状態だった母親との関係、それぞれの姉妹が抱える問題が明らかになっていきます。そこには、愛されなかったことが連鎖するものが形を変えて表れているように見えました。

 ただ、早い段階から大声でわめくようなテンションの高さが、惹き込まれるのを阻んでいるように感じました。


 作・演出 詩森ろば
 出演 浅野千鶴 葛木英 佐野功 園田裕樹 大塚あかり 横尾宏美
 5月28日昼
 Gallery LE DECO 4にて
posted by 行き先不詳 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

「ブラック・スワン」

 主演のナタリー・ポートマンはアカデミー主演女優賞を本作で受賞、監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー、という話題作ですが、それ以前にずいぶん前から流れていた予告を観て、ずっと気になる作品でありました。

 白鳥の湖の主役に抜擢された主人公のバレリーナが、追いつめられて精神のバランスを失っていく過程を緊迫感をもって描いています。バレリーナの壮絶さの一端を見せられたようにも思いましたし、これを演じたナタリー・ポートマンも突き抜けててスゴいということはわかります。

 本作では、白鳥と黒鳥を主役が演じる中で、男を誘惑する黒鳥としての演技ができずに苦しむことで追い込まれるのですが、それに関連してエロい場面もあったりして、バレエだけでなく体当たり感が強く印象付けられます。バレエの門外漢としては、そこまで演技に表れるものなのかとか思うところですけども。

 精神の安定を欠くうちに幻覚的シーンが頻出しますが、観客側に混乱なり眩惑をもたらす効果はもっとほしかった気がしました。

 ナタリー・ポートマン以外では、バレエの指導者役にヴァンサン・カッセル。主人公を揺さぶることになるバレリーナをミラ・クニスという人が演じていて、私ははじめて観る人でしたが、個人的には、かなり魅力的に映りました。バーバラ・ハーシー演じる母親役との葛藤の凄みもかなりの見応えがありました。
posted by 行き先不詳 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鳥瞰図」

 初演のときに結構話題になっていたので、終演後になって見逃したのをちょっと後悔したパターンです。その後、サスペンデッズなどで早船聡作品を観てきて期待は高まり、今回に至りました。

 はじめのシーンからでも、どこも活き活きとして、登場人物らのやり取りがとても魅力的に映りました。まだ、何も起こっていないところですでに面白かったです。戯曲の設定などを思い返すと、深読みとか、批評的に捉えることができそうな作品ですが、浅く観ていても十分にいい芝居だよなぁと思って満足しました。
 

 作 早船聡
 演出 松本祐子
 出演 渡辺美佐子 入江雅人 野村佑香 八十田勇一 弘中麻紀 浅野雅博 佐藤銀平 品川徹
 5月22日昼
 新国立劇場 小劇場にて
posted by 行き先不詳 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

「たいこどんどん」

 井上ひさしの初期作品を蜷川幸雄の演出で、というここ数年来ある企画の流れのようです。

 若旦那(中村橋之助)とたいこもち(古田新太)が、ちょっとしたはずみから船で東北へ流れ着き、そこから数々の体験をくぐり抜けるのですが、膨大なセリフ、とりわけ古田新太は、よくもこんなに、というくらいでした。すべてのセリフが完璧にということはないように見受けられましたが、それでも驚異的な分量かなと。

 エネルギーに溢れた作品で、しかもラストの着地点にも虚を衝かれた思いでした。それにしても、よくこんな作品を作ったなという感想が出てきます。


 主なキャスト 中村橋之助 古田新太 鈴木京香 宮本裕子 大石継太 大門伍朗 市川夏江 大林素子 飯田邦博 塚本幸男 立石凉子 六平直政 瑳川哲朗
 5月21日昼
 シアターコクーンにて
posted by 行き先不詳 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

小川洋子『人質の朗読会』

 外国でゲリラに人質として捕らえられていた日本人らが(救出失敗という結果が最初に明らかにされてます)、それぞれ自分たちの物語を朗読していた、という体裁の短篇集です。どれも小川洋子的世界観で読み応えがあるのですが、この設定ならもっと違った狙いや効果を導きだせそうな、ないものねだりもしてしまうところです。タイトルからイメージをふくらませ過ぎたようです。
posted by 行き先不詳 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「狼の死刑宣告」

 2009年公開作品で、監督はジェームズ・ワン。
 ケビン・ベーコンが主演で、息子を殺され復讐する男を演じています。はじめは復讐とか暴力とは無縁な世界にいた男がギャングとの復讐の連鎖に引きずり込まれていきます。最初の復讐が軽はずみな過ちだったことが判ったときの取り返しのつかなさといったら、もう絶望的です。そこからギャングとの争いが不可避となって、アクションの連続へ。とても面白かったです。ただ、ケビン・ベーコンだと、はじめのうちから変貌の予兆を見てしまうところが、ギャップ不足のようにも思えます。
posted by 行き先不詳 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

佐々木俊尚『キュレーションの時代』

 今年2月刊行のちくま新書です。

 ブログやTwitterなどによって、個人による情報発信の垣根が低くなったことで、新しい見方が提示されることへの期待が書かれています。

 この本自体でキュレーションを実践しようとしているのか、次から次へと事例を引いてます。ひとつひとつは面白かったですし、強引だなと思ったりすることも含めて刺激を受ける部分は大でした。ただ、論旨が整理されていないようにも受け取れますし、途中は面白くても、読み終わってみれば、この分量は必要なかったんではないかと思えてしまったのが正直なところです。

 ネットの技術自体がタコツボ化を回避する仕組みをもったことにこだわっていますが、別にどのようなメディアであっても、そこに人が介在すれば、この本で言及される効果はある程度は発生すると思います。
posted by 行き先不詳 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

冨士山アネット「家族の証明∴」

 「SWAN」以来、2度目の観劇。本日が千秋楽でした。かなりの至近距離で観ました。勢い余って自分のところまで来ちゃわないかを心配になるほどに。

 前回観たよりも、演劇とダンスで言えば、演劇寄りの感想をもちました。シチュエーションとか、やってることの意味がかなりわかったので。それに、表情もよく見えましたし。

 この「わかる」「わからない」ということに、どうしても意識が向いてしまいますが、出演者どうしの動きのからみあいが一番面白かったです。

 アトリエヘリコプターにて
posted by 行き先不詳 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、放り投げる」

 生真面目さがおかしみを誘う執事の話です。彼が仕えている伯爵家のところに俗っぽい男爵夫妻が招待されているという状況で、金に困っている伯爵は男爵から頭を下げずに金を借りたい、ということで執事にムチャな注文が下されるということです。三宅弘城が執事長、ともさかりえが女中頭を演じます。伯爵夫妻に大河内浩と佐藤直子、男爵夫妻に片桐仁と広岡由里子、男爵の執事に玉置孝匡。

 三宅弘城のバカ丁寧ぶりのとぼけた味が素晴らしく、面白かったです。シリーズ化してほしいくらいキャラ立ちしてます。

 作・演出 倉持裕
 5月14日夜の部
 本多劇場にて。
posted by 行き先不詳 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アンノウン」

 「96時間」のときのリーアム・ニーソンに近い活躍ぶりで、今回もアクションシーンが多いです。

 主人公が妻とベルリンにやって来ましたが、妻と別行動を取ったとたんに交通事故に遭ってしまいます。4日間意識を失って、しかも、事故前後の記憶がぼんやりとしています。それに、パスポートも何も持ってません。なんとか妻のところへ行くのですが、別の男が自分として存在しているという不条理な状況に直面します。

 納得できない主人公が探るうちに…って、どこまで書いていいのか。すぐネタバレになっちゃいそうです。タクシー乗車時に事故に遭うんですが、そのときの運転手がダイアン・クルーガー。タクシーの運転手にしては、魅力的過ぎるほどですから、もちろんちょい役では終わりません。私は「イングロリアズ・バスターズ」も観てなくて、この人の出番まだあるかなぁとか期待しながら観てました。

 アクションといい、謎めいた状況設定といい、「あ〜、面白かった!」と思える作品でした。


 監督 ジャウム・コレット=セラ
 
posted by 行き先不詳 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱庭円舞曲「珍しい凡人」

 5月8日に観に行きました。
 これは、なかなか捉え方が難しいなぁと思いながら観てました。

 現在の社会状況を比喩的に多層的に捉えてて、社会のあり方、個人の世界との関わり方が模索されているように感じられました。あるいは、違和感や苛立ちの表明のような。いわゆる、物語という形で提供される面白さから外れているので、これは何の話だとか、キャラクターが活かされていないのでは、とか感じる部分もあって、いろんな要素が詰め込まれているので、とっちらかってるように取れなくもない気がします。しかし、今が反映されている作品としての意味があるのかなと思いました。


 作・演出 古川貴義
 出演 小野哲史 須貝英 爺隠才蔵 片桐はづき 井上裕朗 玉置玲央 清水穂奈美 ザンヨウコ 金丸慎太郎 湯舟すぴか 小笠原結
 駅前劇場にて
posted by 行き先不詳 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡辺源四郎商店「どんとゆけ」

 死刑制度をテーマに旧作の再演とその続編を新作という2本立ての上演という企画ですが、旧作のほうを観ました。公演終了間近の5月7日でした。

 死刑の執行を遺族ができる制度が題材となってます。思考実験的にというほど理屈っぽくなくて、制度的に本当に実現させるなら、どうするかなぁとか考えながら観てました。あるいは、その上でも想定される問題点とか。

 シリアスな場面もあれば、ナンセンス・コント風なところもあったりして、その振幅が意外なところです。立ち会う保安課長のおとぼけ感がかなり笑えるのと、死刑囚と獄中結婚をする女性が異様さを出してるんですが、その引っかかりも含めてヘンさが印象に残ります。面白かったです。


 作・演出 畑澤聖悟
 出演 工藤由佳子 三上晴佳 工藤良平 夏目慎也 田中耕一 ささきまこと
 ザ・スズナリにて
posted by 行き先不詳 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

津村記久子『ワーカーズ・ダイジェスト』

 先日「おと な り」のDVDを観たばかりだからか、主人公の男女が会わない時間が長くて別々に描かれてるってところに共通点を見出してしまうのですが、逆にそれ以外の部分ではほとんど対照的です。何にしても、これは恋愛小説ではないですし。

 本作は、同い年(というか同じ誕生日)で同姓というふたりですが、32歳直前のところからほぼ1年間の話になってます。女性のほうはデザイン事務所(副業でライターも)、男性のほうは建設会社に勤めています。代理同士での1回きりの打ち合わせで知り合うふたりですが、その後も仕事で会うわけでもなく、お互いときどき思い出したりする程度。打ち合わせが終わって、すぐに立ち去る男を見て、「会ってる間は友好的だけど、帰り道が同じなのは嫌なタイプの人か、と自分にも言える仕事相手の特性を佐藤氏に当てはめながら」なんてあって、ここもわかるなぁというシーンですが、とにかくそんなふたりです。

 気だるい朝の描写からはじまって、仕事や日常生活のリアルな話が淡々と書かれます。人間関係にしても、仕事のトラブルにしても、思い当たることが多く、かなり繊細に拾い上げているなぁと感心します。ふたりとも疲れてる感じが、擦り切れてるほどでもないくらいなのが、またリアルで、現実社会において、たくさんの人がこういう疲弊の中にいるんだろうなぁと実感させます。


 もうひとつ「オノウエさんの不在」という短篇も収録されていて、世話になってる先輩が干されているらしく、学閥から外れた同期の男2人と総務の女性が社内事情に触れながら…、といった話です。


 好みとしては、『アレグリアとは仕事はできない』くらいにテンションが高いほうが、楽しいんですけども、より共感度が高いのは本作のような気がします。
 
posted by 行き先不詳 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする