2012年05月26日

箱庭円舞曲「どうしても地味」

 近未来なのか現実の今の日本とは違う社会状況を設定していて、そんな田舎町での人間模様が描かれてます。花火職人をしている男が中心にいると言えなくもないですが、物語上は存在感は希薄です。また、近くの寺の住職がかなり俗っぽいのですが、全体に仏教の話が絡んだり、登場人物の問題にも欲望とか煩悩が関わってきたりもします。小さなコミュニティの中での、地縁や血縁、仕事仲間うちでのコミュニケーションの話と言えなくもないのかなぁとか思いました。

 私は、欲求不満の妻と、その夫で妻の妹のほうに興味がある男の話の面白おかしさに引っ張られがちでした。
 それから、この現実とは違う設定の効果がいまいちよくわかりませんでした。

 作・演出 古川貴義
 出演 爺隠才蔵 木下祐子 須貝英 神戸アキコ 磯和武明 片桐はづき 小島聰 菊池明明 小野哲史 笹野鈴々音
 5月20日昼
 駅前劇場 
posted by 行き先不詳 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

「海辺のカフカ」

 村上春樹の同名小説を舞台化したものです。元々、海外で上演された戯曲の日本語版ということになるようです。

 原作は読んでもいるし、面白かったと記憶していますが、読み返してもいないし、あらすじなんかもあんまり覚えてないほどですが、原作以上に、少年の通過儀礼という点に集約されているんじゃないかと想像しました。いや、まんまなのかもしれませんけど。

 ガラスケースの中に舞台美術を入れているスタイルで、これが最も印象に残るところですし、原作小説の世界観を表現するポイントになっているのでしょう。正直なところ真価については、はっきりとはわかりませんけども。透明感とか浮遊感、あるいは静謐さなどは、小川洋子の世界観でもマッチする演出じゃないかとか思いました。

 それから、第2幕になってからのほうが面白かったです。ナカタを演じる木場勝己もハマってるように思いました。休憩を除いて、3時間25分くらいという長さでしたから、集中力を保つのは結構たいへんでした。

 脚本 フランク・ギャラティ
 演出 蜷川幸雄
 主なキャスト 柳楽優弥 田中裕子 長谷川博己 柿澤勇人 佐藤江梨子 高橋努 鳥山昌克 木場勝己
 5月19日夜
 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
posted by 行き先不詳 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

「シダの群れ 純情巡礼編」

 前作の流れを受けての続編的な物語ですが、予備知識がなくても楽しめる内容にはなっています。ただし、岩松了作品ではよくあることなのか、そこにいない人名が頻出するので、集中が途切れるとたびたび見失うことになるようです。しくじりました。

 ヤクザの抗争の中で人間関係の変化が見えてくるのですが、誰かに共感とか感情移入させる作りではなく、“彼ら”のやり取りを見ているかんじ。舞台美術や照明の効果もあって寂寥感が感じられました。村治佳織のギターの生演奏も印象的でした。

 作・演出 岩松了
 出演 堤真一 松雪泰子 小池徹平 荒川良々 倉科カナ 市川実和子 石住昭彦 吉見一豊 清水優 太賀 鈴木伸之 深水元基 浅野彰一 風間杜夫
 5月15日夜
 シアターコクーン
posted by 行き先不詳 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イキウメ「ミッション」

 いつもながらに、SF的な設定を持ち込んでくるのかと途中までは思っていましたが、結局は常識的な線に落ち着いたと見ることができるような話です。それと、私にははっきりとした違いまでは見極められませんでしたが、今回から演出を分けているという点でも注目でした。

 変わった叔父という存在が物語世界の中心にいます。その甥である主人公は商社勤務でバリバリと仕事をしていて順風満帆でしたが、ケガをしたら自分の代わりはいて…という状況がはじめにあります。そんなとき、叔父の言動に影響を受けて、生き方を見直していくことになります。

 その叔父は専業主夫をしていて自由人的な人物で、しかも世界のバランスを取る使命を担っているとか言っています。世界からの呼びかけに応えて行動に移すことで調和をもたらしているという妄想同然の理屈を語り、たいていはヘンな動き程度ですが、衝動に委ねた行動をしたりします。彼特有の語り口が説得力のある強い言葉でハッタリが効いているので、もしかして、という面白さをかろうじて提示してくるのです。

 これが本当にそっちの話になっていくというのであれば、さらに面白かったと思うのですが、結局は穏当な決着と見えたので、肩透かし感は若干ありました。主人公の父、母、兄らがそれぞれの生き方を模索していく展開でもあるのと、使命と仕事とか、衝動と欲望とかを考察させる物語でしたので、つまらないとかではないです。それから、安井順平が演じる叔父のキャラが魅力的で、こういう役がベストマッチです。

 
 作 前川知大
 演出 小川絵梨子
 出演 渡邊亮 浜田信也 井上裕朗 岩本幸子 安井順平 太田緑ロランス 伊勢佳世 盛隆二 森下創 大窪人衛 加茂杏子
 5月13日昼
 シアタートラム
posted by 行き先不詳 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

「ポテチ」

 本作を観ることを考えずに、つい最近「ゴールデンスランバー」のDVDを観たばかりでして、というかそれがあったからこそ、より観たくなったということですね。原作のサイズに合わせて、68分という短めの作品です。

 わたしは舞台化されたときに、どういうストーリーかをおさらいしたということもあって、ポテチを食べながら濱田岳が泣いてる中盤のシーンですでに泣いちゃいました。それから後半はたびたび涙が出てきて、おそらくふつうの人よりも泣いてました。黒澤(大森南朋)が人の心がわからないというキャラクターなのが効いてます。

 原作 伊坂幸太郎
 監督 中村義洋
 主なキャスト 濱田岳 木村文乃 石田えり 
posted by 行き先不詳 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

「別離」

 すっごく面白かったです。今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞してました。イラン映画では初なんだとか。それに、かなり評判がよかったので、楽しみにしておりましたが、その期待値を上回る面白さでした。

 滑り出しからリアルで深刻な状況に惹き込まれますが、さらに途中で起こる悲劇からはかなりスリリングな展開です。介護、信仰、格差、ジェンダー、家族愛などの要素が絡み合って、また、謎めいたところがあり、真実がどこにあるのか見えないままに進んでいくため、緊張感があって、のめり込むように観てました。


 監督・脚本 アスガー・ファルハディ
 
posted by 行き先不詳 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

渡辺源四郎商店「翔べ!原子力ロボむつ」

 アフタートーク(ゲスト/多田淳之介)でとくに“ふ〜ん”だったのは、タイトルを先に決めたのでロボを出すために設定やストーリーでかなり苦労というか試行錯誤があったということと、東北とひとくくりにされるほどには東日本大震災の直接的な被災をしていない青森ということの当事者性を考えたときに出てきた題材、ということでした。

 六ヶ所村を想起させる放射性廃棄物の受け入れをした、ある町の未来を戯画化したおかしさで描くのですが、射程はもっと先にありました。主人公の町長は自分が決定した放射性廃棄物の受け入れとその再処理サイクルの完成を見届けるために冷凍睡眠を決断し、1000年後に目覚めます。町長がそこで出会う人々の姿や、どのような世界になっているか、ということはマンガっぽくて面白おかしいです。しかし、そこにも欺瞞や計算外の状況がありました。町長は、さらに冷凍睡眠をして、未来を目指すことになるのですが、この責任感は誰に対しての責任かということを考えたとき、無意味で皮肉な結果に終わります。「10万年後に安全になる」ということに対して想像力を喚起させるものでした。素晴らしいです。


 作・演出 畑澤聖悟
 出演 工藤由佳子 高坂明生 三上晴佳 山上由美子 工藤良平 柿崎彩香 宮越昭司 牧野慶一 音喜多咲子 斎藤千恵子 北魚昭次郎 山田百次
 5月4日夜
 ザ・スズナリ
posted by 行き先不詳 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

「裏切りのサーカス」

 007のような派手さはないけどこれこそ本物のスパイ映画だとかで、ただ、予習したほうがいいらしいということから、一応HPとかで人物相関図とか設定とかを頭に入れておいて臨みました。の割には、人名でちょっと混乱しました。

 ゲイリー・オールドマンにしても、ジョン・ハートにしても渋くてかっこいいです。“ティンカー”、“テイラー”、“ソルジャー”、“プアマン”というコードネームをもつ面々もなかなかな顔ぶれでした(このコードネームは観る前に覚える必要はなくて、名前のほうをインプットしたほうがいいです)。雰囲気があって、そこは楽しめました。ただ、終盤でスリリングな展開か驚きの結末でもあると期待しながら観てたので、拍子抜け感がありました。でも、伏線の連続らしいですが、何が伏線だったかも見えてないくらいなので、いろいろと見落としがあるんだと思いますけど。


 原作 ジョン・ル・カレ
 監督 トーマス・アルフレッドソン
posted by 行き先不詳 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

「川の底からこんにちは」

 ついつい、監督の石井裕也と主演の満島ひかりとの結婚とかっていう下世話な話題を思い出してしまう作品でもあります。2010年5月公開の作品。

 主人公の佐和子は、“中の下”と自分に見切りをつけ、いろんなことを諦めていて、しょうがないというセリフを連発する投げやりなひとです。そんな彼女の父親が病気で倒れたことをきっかけに、5年ぶりに田舎に帰ることになるのです。

 父親が社長である、しじみパック詰め工場を継ぐことになるのですが、一緒についてくる子連れの交際相手のダメダメさといい、佐和子を迎える従業員たちの冷ややかな態度が、観てるこちらをしんどくさせるのです。このままだとツラいなあと感じるのですが、佐和子の開き直りっぷりがかっこよくなっていくので、とても爽やかで後味がいいです。それに随所に笑いを誘う場面もありますし。

 ただ、満島ひかりは魅力的なので、中の下という役の説得力にやや欠ける気もしますが、それだけに感情が動かされる面もあったかなと。とくに、交際相手の男とはどうやって別れるんだろうと思ってましたから。
posted by 行き先不詳 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゴールデンスランバー」

 伊坂幸太郎の同名小説の映画化で、2010年1月公開。監督の中村義洋は伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」も監督してて、今年は「ポテチ」が公開予定ということです。それから、主演の堺雅人と竹内結子は、中村監督の「ジェネラル・ルージュの凱旋」で共演している組み合わせですね。

 首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男が周りの人からの手助けを受けながら逃亡する物語。国家権力に対して、信頼の上に立つ個人のつながりとの勝負という形になってます。とりわけ、竹内結子が演じる元恋人との関係性がやっぱりいいです。直接会わない中で、信頼したり手助けをしたりすることと、思い出を共有していることで、お互いが似たことを考えていることに行き着くことなどがグッときます。そして、車の中で、紙に残したメッセージのやり取りが泣けちゃいました。

 ほかにキルオ役の濱田岳がこれまた魅力的で、もっと活躍してほしいくらいでしたが、主人公にとって妙に都合のいいキャラだなぁという気もしなくもないです。それから、運送会社の同僚の行動の顛末がしっくりきませんでした。


 あと、ネタバレになりますが、おそらく原作のときには気にならなかったんですけど、暗殺事件の首謀者って問題にならないんですね。首謀者らに復讐するか、悪事を露見させるような形で主人公の無実を証明するというパターンだとカタルシスを生みやすいと思いますが、このストーリーでは、何かよくわからない“国家とか権力”と呼ばれるような巨大な力に対して、ふつうの一個人らが直接ぶつかるのではなくすり抜けるようにして生きていくというところに着地しているのがポイントなのかなと思いました。
posted by 行き先不詳 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

2012年冬ドラマ

 「ラッキーセブン」は月9らしからぬ作風で、第1話のアクションとかドラマの世界観がかなり楽しかったのですが、第1話を超える面白さはやってこなくて、個人的には尻すぼみな印象をもってます。

 「ストロベリーナイト」は誉田哲也の姫川玲子シリーズのドラマ化ということですが、「ストロベリーナイト」自体はスペシャルドラマで放送済みで、その後のシリーズ後続作品が連続ドラマになったわけです。原作はほぼ読んでるのですが、例によって忘れてるので、かなり新鮮に楽しんでました。
 署内の人間関係などがリアルめに描かれてて、とても面白かったです。西島秀俊が演じる菊田は、評判もよかったようですが、キャラクターの魅力もありますし、西島秀俊が好演していたと思います。

 「最後から二番目の恋」はこのクールで一番楽しみにしてたドラマです。小泉今日子と中井貴一が主演の恋愛ドラマでした。ふたりの会話が楽しいというのは大きな見所だったりもしますが、ドラマとしてのセンスが感じられて、作り手を信用できるという気持ちで観てました。ハマったといって差し支えないほど好きでした。
posted by 行き先不詳 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月後半から4月末までに読んだ本の一覧

 本についてもタイトルのみにしておきます。読書量が激減したのと、仕事がらみの本を読んでたこともあって、月に2、3冊程度しか読めてないです。

スティーグ・ラーソン『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 上・下』
樋口毅宏『さらば雑司ヶ谷』
長嶋有『安全な妄想』
綿谷りさ『かわいそうだね?』
近藤史恵『サヴァイヴ』
伊坂幸太郎『仙台ぐらし』
スティーグ・ラーソン『ミレニアム 2 火と戯れる女 上・下』

 あと、村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を久しぶりに再読しました。
posted by 行き先不詳 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月末から4月末までに観た映画の一覧

 映画については、すいません。完全にタイトルのみの羅列で。
 ここに列挙したのはすべて映画館で観たものでして、DVDを家で観ることがかなり少なくなっていることが実感されます。

「J・エドガー」
「アニマル・キングダム」
「CUT」
「探偵はBARにいる」
「一命」
「ドラゴン・タトゥーの女」
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
「メランコリア」
「TIME」
「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」
「おとなのけんか」
「長ぐつをはいたネコ」
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
「ヤング≒アダルト」
「マリリン 7日間の恋」
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」
「ドライヴ」
「トロール・ハンター」
「僕達急行 A列車で行こう」
「アーティスト」
「マンイーター」
「バトルシップ」
「スーパー・チューズデー 正義を売った日」
posted by 行き先不詳 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月末から4月末まで観た舞台の一覧

 またしても更新が滞り、2ヶ月半くらいになってしまって、もうこれは諦めました。5月になったのを機に、再開したいと思ったところで、気ままに書いていきたいです。過去の分は、一言レベルでさえもムリなので、タイトルだけを書くにとどめておきます。

「下谷万年町物語」
 作/唐十郎 演出/蜷川幸雄
 出演/宮沢りえ 藤原竜也 西島隆弘(AAA) ほか
 1月28日夜 
 シアターコクーン


ハイリンド「ロゼット 〜春を待つ草〜」
 作/早船聡 演出/木下きよし
 2月5日昼
 下北沢「劇」小劇場


オリガト・プラスティコ「龍を撫でた男」
 作/福田恆存 演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 2月7日夜
 本多劇場


ロロ「LOVE02」
 作・演出/三浦直之
 2月11日昼
 こまばアゴラ劇場


カムヰヤッセン「バックギャモン・プレイヤード」
 作・演出/北川大輔
 2月12日昼
 吉祥寺シアター


ぬいぐるみハンター「愛はタンパク質で育ってる」
 作・演出/池亀三太
 2月14日夜
 駅前劇場


サンプル「女王の器」
 作・演出/松井周
 2月19日昼
 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場


コマツ企画「レイプの夜」
 脚本・演出/小松美睦瑠
 2月25日昼
 下北沢 楽園


「テトラポット」
 作・演出/柴幸男
 3月3日昼
 あうるすぽっと


こまつ座「雪やこんこん」
 作/井上ひさし 演出/鵜山仁
 出演/高畑淳子 村田雄浩 金内喜久夫 新井康弘 キムラ緑子 ほか
 3月3日夜
 紀伊國屋サザンシアター


KAKUTA「Turning Point」
 作/堤泰之・金井博文・桑原裕子
 演出/堤泰之・山崎総司・桑原裕子
 3月4日昼
 ザ・スズナリ


「THE BEE」ENGLISH Version
 原作/筒井康隆
 共同脚本/野田秀樹・Colin Teevan
 演出/野田秀樹
 3月7日夜
 水天宮ピット


ひょっとこ乱舞「うれしい悲鳴」
 作・演出/広田淳一
 3月10日昼
 吉祥寺シアター


シス・カンパニー公演「ガラスの動物園」
 作/テネシー・ウィリアムズ 演出/長塚圭史
 出演/立石涼子 深津絵里 瑛太 鈴木浩介
 3月10日夜
 シアターコクーン


「サド侯爵夫人」
 作/三島由紀夫 演出/野村萬斎
 出演/蒼井優 白石加代子 麻実れい 神野三鈴 美波 町田マリー
 3月17日昼
 世田谷パブリックシアター


「テキサス」
 作/長塚圭史 演出/河原雅彦
 出演/星野源 木南晴夏 野波麻帆 岡田義徳 福田転球 政岡靖志 伊達暁 吉本菜穂子 山岸門人 河原雅彦 高橋和也 松澤一之 ほか
 3月25日昼
 パルコ劇場


DULL-COLORED POP「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」
 作・演出/谷賢一
 4月7日昼
 アトリエ春風舎


「まほろば」
 作/蓬莱竜太 演出/栗山民也
 出演/秋山菜津子 中村たつ 魏涼子 前田亜希 大西風香 三田和代
 4月7日夜
 新国立劇場 小劇場


虚構の旅団「夜の森」
 作・演出/木野花
 4月11日夜
 シアターモリエール


パラドックス定数「HIDE AND SEEK」
 作・演出/野木萌葱
 4月15日昼
 三鷹市芸術文化センター 星のホール


柿喰う客「絶頂マクベス」
 原作/ウィリアム.シェイクスピア
 脚本・演出/中屋敷法仁
 4月19日
 吉祥寺シアター


「シンベリン」
 作/ウィリアム.シェイクスピア
 演出/蜷川幸雄
 出演/阿部寛 大竹しのぶ 窪塚洋介 勝村政信 浦井健治 瑳川哲朗 吉田鋼太郎 鳳蘭 ほか
 4月19日夜
 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール


空想組曲「深海のカンパネルラ」
 作・演出/ほさかよう
 4月22日昼
 赤坂RED/THEATER


ナイロン100℃「百年の秘密」
 作・演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 4月24日夜
 本多劇場


アル☆カンパニー「家の内臓」
 作・演出/前田司郎
 4月28日昼
 ザ・スズナリ


こまつ座「闇に咲く花」
 作/井上ひさし 演出/栗山民也
 出演/石母田史朗 浅野雅博 辻萬長 小林隆 石田圭祐 北川響 増子倭文江 山本道子 藤本喜久子 井上薫 高島玲 大樹桜 水村直也
 4月28日夜
 紀伊國屋サザンシアター


「THE BEE」JAPANESE Version
  原作/筒井康隆
 共同脚本/野田秀樹・Colin Teevan
 演出/野田秀樹
 出演/宮沢りえ 池田成志 近藤良平 野田秀樹
 4月29日昼
 水天宮ピット 


posted by 行き先不詳 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。