2017年04月18日

2015年6月に観た舞台

ままごと「わが星」
作・演出 柴幸男
出演 大柿友哉 黒岩三佳 斎藤淳子 寺田剛史 永井秀樹 中島佳子 端田新菜 山内健司
6月6日夜 三鷹市芸術文化センター星のホール

シソンヌライブ「quatre」
6月7日昼 恵比寿・エコー劇場

青年団「冒険王」
作・演出 平田オリザ 
6月13日昼 吉祥寺シアター

青年団+第12言語演劇スタジオ「新・冒険王」
共同脚本・共同演出 平田オリザ ソン・ギウン
6月13日夜 吉祥寺シアター

「モーツァルト歌劇フィガロの結婚〜庭師は見た!」
指揮・総監督 井上道義
演出 野田秀樹
6月17日夜 ミューザ川崎シンフォニーホール

グループる・ばる「蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞〜」
作 長田育恵
演出 マキノノゾミ
出演 松金よね子 岡本麗 田岡美也子 木野花 小林隆 野添義弘 岡田達也
6月19日夜 東京芸術劇場シアターイースト

日本総合悲劇協会「不倫探偵〜最期の過ち〜」
作・演出 天久聖一 松尾スズキ
出演 松尾スズキ 片桐はいり 二階堂ふみ 伊勢志摩 皆川猿時 村杉蝉之介 近藤公園 平岩紙
6月20日夜 本多劇場

シティボーイズファイナルpart.1「燃えるゴミ」
作・演出 前田司郎
6月26日夜 東京グローブ座

「東海道四谷怪談」
作 鶴屋南北
上演台本 フジノサツコ
演出 森新太郎
出演 内野聖陽 秋山菜津子 平岳大 山本享 大鷹明良 木下浩之 有薗芳記 木村靖司 下総源太朗 陣内将 谷山知宏 酒向芳 花王おさむ 小野武彦 ほか
6月27日夜 新国立劇場中劇場


ままごと「わが星」は、初演も再演も観てるのですが、まだ世評ほどは傑作ぶりをよく捉えきれてないからこそ足を運ぶのだと思います。そしたら、これまで以上に感動しました。瑞々しくて、普遍的で、演劇としていろんな快感に満ちてるという感想をもちました。


「冒険王」と「新・冒険王」は、冒険王が再演で、新・冒険王が新作でしたが、どちらも面白かったです。

「冒険王」は1980年のイスタンブールの安宿に宿泊してる日本人バックパッカーを描いてて、当時の世界情勢や社会背景を映しながら、放浪してる彼らの生き方、考え方が興味深いです。
放浪してるうちに、日本に戻りにくくなってるところがあるようで、ひきこもりとは逆ですけど共通するところもあるのかなとか思ったりもしました。

「新・冒険王」は、冒険王をベースに2002年の同じ安宿を舞台にしてますが日本人と韓国人が宿泊してて、日本語、韓国語、英語の台詞が同時多発で交わされます。日韓ワールドカップの開催中という背景でして、日韓関係に未来を感じさせることで、当時と今のギャップを意識させます。
「新・冒険王」では、3ヵ国語の同時多発会話。外国語のセリフは字幕が表示されますが、それでも圧倒的にリアルさを感じるのだからやっぱりスゴいです。

冒険王と新・冒険王とでは、先にベースとなる冒険王を観た前提ですけど、新・冒険王のほうが面白く感じました。批評的な視点も分かりやすく、日韓関係の変化、外国語が錯綜する感じ、観てて楽しかったです。

posted by 行き先不詳 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年6月に観た映画

「イニシエーション・ラブ」
「駆込み女と駆出し男」
「ピッチ・パーフェクト」
「予告犯」
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
「アリスのままで」


「イニシエーション・ラブ」は、原作小説を読んだ際にはそれほどハマらなかった記憶が残ってます。最後にどんでん返しがありますよってあまりに強調されてたからか、途中をどんでん返しに驚くために読んでるみたいになってしまったようなところがあります。なこともあってか、この映画化、原作よりも好きです。最後のところは、親切過ぎてくどく感じる人もいるでしょうけど、私は特別気になりませんでした。でも、あれだと宣伝文句に反して、2回観たくならないんじゃないかなとは思いますが。


「駆込み女と駆出し男」は気持ちのいい映画でした。時代劇として重厚なわけではないけど趣があって。風景とか風俗の描き方とか、台詞のリズムがいいです。大泉洋さん以外の脇の布陣に樹木希林、木場勝己、キムラ緑子といった方々がいて、いいアクセントになってました。


そして、何より「マッドマックス 怒りのデス・ロード」です。予告だけでも相当面白そうだと期待していたのを遥かに上回りましたし、公開初日からしばらく毎週のように行ったりして、この作品の“極上爆音上映”をきっかけに立川シネマシティにも行くようになりましたし、2017年に公開になったモノクロバージョン(ブラック&クロームエディション)を含めると、現時点で20回も観に行ったりして、個人的な映画鑑賞体験として記念碑的な作品となりました。
最初に観た感想は、提示されている世界観に対して、自分は何を観てるんだ的な感覚と、スゴいなよくこんな発想が出てくるな、という思いを交互に抱きながら、でもアクションと音楽の相乗効果などを含め大変興奮しておりました。世界観という言葉を軽々しく使っちゃいけない気がしたのを思い出します。

posted by 行き先不詳 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。