2011年08月21日

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』

 表紙カバーの後ろの紹介文に「最後から二行目(絶対に先に読まないで!)、本書は全く違った物語に変貌する。『必ず二回読みたくなる』と絶賛された傑作ミステリー」とあります。

 今まで、これに類した評判は聞いてきましたが、かなり期待値をあげますよね。それに、読んでる間中、ラストに辿り着くために読んでる気分になるのも、マイナスと言えなくもないですが、こういう前評判あってこそ手に取られるということはあるんだろうと思います。

 そして、実際、読み終わって、
 あれっ、どういうこと?
 そういうことか…
 なんか、おかしいとは思ってたんだよなぁ
 パラパラとページをめくって振り返り
 とりあえず、ネットでネタバレ解説を拾ってみる
 という流れでした。
 思いのほか、緻密に読み込まないとわかったことにならなそうだと知りました。そうなると、若干、まどろっこしい箇所があるのですが、そういう文章も含めて、すべてが伏線と言えるのでしょう。

 こういう小説の読まれ方って果たしてどうなんだろうという疑問もなくはないにしても、いわゆる叙述トリックの本格ミステリとは違った効果があのラストにはあります。
posted by 行き先不詳 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/221529053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック