2015年01月02日

「ゴーン・ガール」

 ネタバレ厳禁的な映画で、予告から想定していた物語は前半で出尽くすので、そこからどんな展開、着地となるのかが読めないまま、先に進むかんじでした。

 失踪する奥さん役のロザムンド・パイクが美しいときと、途中の美しくないときの凄味の落差がスゴかったです。
posted by 行き先不詳 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411696314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック