2015年01月03日

パルコ・プロデュース公演「海をゆく者」

 初演は2009年で、そのときの感想ですでにドリームチーム感があったのですが、中でも吉田鋼太郎がブレイクといっていい程、知名度が高まったので、その印象が一層強まったところです。

 物語としては、途中で、あれっこれ何の話なの?っていう疑問がわくようなところがあって、おそらく宗教的な背景の理解が不可欠だと感じるのですが、それでも会話劇として、どうしようもないアル中たちの粗野な振る舞いなども含めた面白さが際立っています。

作 コナー・マクファーソン
演出 栗山民也
出演 小日向文世 吉田鋼太郎 浅野和之 大谷亮介 平田満
12月27日夜 パルコ劇場
posted by 行き先不詳 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411732774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック