2015年01月04日

「カラスの親指」

 2012年公開の道尾秀介の同名小説の映画化。

 阿部寛が主演で、村上ショージと組んで詐欺師を演じているのですが、「あまちゃん」以前の能年玲奈が大きな役で出演しているというのも見所の一つ。石原さとみの妹役で、クレジットも石原さとみのほうが上になってますけど、物語の中での役の大きさでは能年玲奈のほうが上になってます。そこがちょっと意外でした。

 道尾秀介の原作を読んでないので、どんでん返しがあるんだろうなとは思いつつ、そんなに構えずに観てたら、見事に騙されました。とはいえ、最初から見返してみると、果たして、成立してるのか疑問に感じるところもありましたがどうなんでしょう。
posted by 行き先不詳 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック