2015年01月12日

PARCO PRODUCE「いやおうなしに」

 面影ラッキーホールというバンドの既存の曲を、そのゲスでリアルで物語性の強い歌詞をつなげて演劇に仕上げた舞台。“歌謡ファンク喜劇”なんていう言葉もチラシにはありました。歌謡ショーのようでもあり、ただ、芝居部分よりも歌詞によって、背景や設定が積み上がっていくので、ミュージカルとはまた違った音楽劇となっているのが珍しく感じられました。

 海老名市のワンコインホルモン丼店が舞台の中心となってますが、登場人物は屈折した心情を抱えていたりして、過去の経緯や背景は複雑でドロドロだったりします。にも関わらず、ポジティブでもあるし、楽曲にパワーがあって、楽しい作品となっていました。

 それでも、キャスティングを頼りに、内容の方向性も知らずに来た観客には(私も似たようなもので、面影ラッキーホールは、名前を知ってはいたけれど、くらいでしたし)、戸惑うところもあったのではないかと想像しました。それから、小泉今日子はまだしも、高畑充希が、なかなかチャレンジングな役どころだなということで、今後の注目度が上がりました。


脚本 福原充則
演出 河原雅彦
出演 古田新太 小泉今日子 高畑充希 三宅弘城 高田聖子 山中崇 政岡泰志 駒木根隆介 三浦俊輔 高山のえみ 田口トモロヲ
1月11日昼 KAAT神奈川芸術劇場
posted by 行き先不詳 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412231975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック