2015年02月08日

「ビッグ・アイズ」

 私は今回はじめて知りましたが、実在の画家の実際にあった事件をティム・バートンが映画化。

 ウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)は、妻のマーガレット(エイミー・アダムス)の絵を自作と偽って売り、それがたいへんな売れ行きとなっていきます。妻には隠れて制作させる一方で、自分だけ名声を得ていくことになるのです。

 ゴーストライターの事件を想起させますが、夫のウォルターは、口がうまくて宣伝や商才はあるようで、彼がいたからこそ売れた面はあるのですが、アイディアを提供するとかはないので、彼との共作的なところは全くありません。ただ、妻の作品の作者を偽っているだけです。

 マーガレットにとっては、知らないうちに既成事実になっていて、売れているという事実と、共犯関係にあると脅されて言い出せなくなってしまったということで黙認してしまうのですが、それだけでなく、ウォルターに対して反抗できなくなってしまっています。映画の冒頭、元夫から逃げたところからはじまりますが、強く出る男に支配されやすい面があるのかもしれません。

 そういう意味では、創作にとっての本当の意味での作者とは、といったことではなく、ふたりの夫婦関係のあり方や生き方がテーマの中心になっているんだと思います。後半は、自分の作品として発表することの自由や生き甲斐を回復しようとする展開となっていきますし。

 作品自体について、ウォーホルには認められたらしき言葉が紹介されてましたが、マーガレットの作品の芸術的な評価がどの程度なのかが映画を観てても分からなくて、やっぱり、スキャンダル的なところが前面に出てしまうのかなと思いました。絵によって、これはいいなと思うものもありましたけど。

 クリストフ・ヴァルツが演じる口八丁のウォルターは、特に終盤の裁判シーンが茶番過ぎるくらいに軽薄さが強調されてます。二面性のある性格で、饒舌な陽気さと強圧的に責め立てるところに狂気を感じさせます。自分の作品でもないのに、名声を欲して嘘をつき続けるところにも、得体の知れなさを感じさせます。
 
 それから、男尊女卑の表れなのかもしれませんが、教会での悩みを打ち明けたときに受けたアドバイスのメチャクチャさが一番不快でした。
posted by 行き先不詳 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413732477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック