2015年02月14日

「ハムレット」

 蜷川幸雄の演出で藤原竜也のハムレットは2003年以来だとのことですが、この12年前の公演は私も強烈な印象を残していまして、演劇体験としてかなり上位にあるくらいです。ということで、今回の期待値は高かったです。

 和テイストが入ってたり、コミカルなところが時々出てきたりするのが特徴的なのかなと感じましたが、全体的には、理解しやすくてすんなりと頭に入ってくる印象をもちました。正直なところ、圧倒されるスゴさまでではないとか思ってしまうのですが、それは期待値が高過ぎたというところでしょう。

 オフィーリア役の満島ひかりは、第一幕では、ちょっと強いのか硬いのか、合ってないんじゃないかと感じたのですが、第二幕の狂気を見せるところは、見応えのあるところでした。

 フォーティンブラス役が、さいたまネクスト・シアターの内田健司で、大きな役を得ているので、期待されているのでしょうが、今回の演出では、ほかの俳優と違って音声をマイクで拾っていないくらいに小さくて、風貌や態度にも英雄的な要素を見せないため、どうしてこういう演出になっているのか違和感を覚えるところでした。演出意図がもっと分かりやすく打ち出されていないと、内田健司がミスキャストに思われてしまうのではないかと思ったところです。

作 ウィリアム・シェイクスピア
演出 蜷川幸雄
出演 藤原竜也 満島ひかり 満島真之介 横田栄司 内田健司 たかお鷹 鳳蘭 平幹二朗 ほか
2月11日昼 彩の国さいたま芸術劇場
posted by 行き先不詳 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック