2017年04月18日

2015年6月に観た映画

「イニシエーション・ラブ」
「駆込み女と駆出し男」
「ピッチ・パーフェクト」
「予告犯」
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
「アリスのままで」


「イニシエーション・ラブ」は、原作小説を読んだ際にはそれほどハマらなかった記憶が残ってます。最後にどんでん返しがありますよってあまりに強調されてたからか、途中をどんでん返しに驚くために読んでるみたいになってしまったようなところがあります。なこともあってか、この映画化、原作よりも好きです。最後のところは、親切過ぎてくどく感じる人もいるでしょうけど、私は特別気になりませんでした。でも、あれだと宣伝文句に反して、2回観たくならないんじゃないかなとは思いますが。


「駆込み女と駆出し男」は気持ちのいい映画でした。時代劇として重厚なわけではないけど趣があって。風景とか風俗の描き方とか、台詞のリズムがいいです。大泉洋さん以外の脇の布陣に樹木希林、木場勝己、キムラ緑子といった方々がいて、いいアクセントになってました。


そして、何より「マッドマックス 怒りのデス・ロード」です。予告だけでも相当面白そうだと期待していたのを遥かに上回りましたし、公開初日からしばらく毎週のように行ったりして、この作品の“極上爆音上映”をきっかけに立川シネマシティにも行くようになりましたし、2017年に公開になったモノクロバージョン(ブラック&クロームエディション)を含めると、現時点で20回も観に行ったりして、個人的な映画鑑賞体験として記念碑的な作品となりました。
最初に観た感想は、提示されている世界観に対して、自分は何を観てるんだ的な感覚と、スゴいなよくこんな発想が出てくるな、という思いを交互に抱きながら、でもアクションと音楽の相乗効果などを含め大変興奮しておりました。世界観という言葉を軽々しく使っちゃいけない気がしたのを思い出します。

posted by 行き先不詳 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449131150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック