2015年01月04日

「あと1センチの恋」

 幼なじみで、恋愛一歩手前のまま、すれ違いの連続でっていうラブストーリー。

 ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は、両想いというのか、両片想いな状態のまま、何度も他の人とくっついたり別れたりを繰り返します。すれ違いを続けながらも、お互いの気持ちを知ったりする、じれったさです。それだけに、結婚や離婚へのスタンスの軽さがだんだん気になってくる嫌いがありましたが。

 リリー・コリンズ演じるロージーがかわいいだけでなくて、飾らない性格で魅力的でした。
posted by 行き先不詳 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「海月姫」

 東村アキコの同名マンガの映画化。オタク女子たちが入居しているアパートの面々と女装を趣味にしている男子との出会いと交流、アパートの取り壊しにつながる再開発計画と対決するっていう話。

 中心になるのは、クラゲオタクの月海(ツキミ/能年玲奈)と女装男子の蔵之介(菅田将暉)、蔵之介の腹違いの兄・修(長谷川博己)の3人。再開発にしても、蔵之介の父である政治家(平泉成)が関わっていて、修は父の秘書という立ち位置。また、修は月海のことが好きになって、月海と蔵之介と修は三角関係にもなっていきます。

 物語の軸になる、再開発をめぐる展開は、手垢にまみれていますし、アパートでの起死回生の策についても、乗り切れないところがあったので、必ずしもストーリー性をムリにもたせなくてもよかったのではないかと思いました。

 主演の能年玲奈のデフォルメされたオタク少女キャラは見所のひとつになっていて、コミカルな世界観を作り上げるおかしさがありました。思い切った役柄というよりは、この路線にそれほど違和感がない気もしたところです。ただ、ほかのオタク少女たちも個性的ではあったので、もっと彼女たちの個性が活かされてほしかったなという感想をもちました。

 もうひとつの見所として挙げられるのは、菅田将暉の女装男子ぶり。アパートが男子禁制ということで、月海以外にとっては女子と認識されているのですが、バレない設定に無理があるのがふつうなところ(まぁ、あの喉仏と声は疑われないわけないだろって気もしますが)、男だとは思えないくらいにかわいいのが驚異的です。
 
posted by 行き先不詳 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

パルコ・プロデュース公演「海をゆく者」

 初演は2009年で、そのときの感想ですでにドリームチーム感があったのですが、中でも吉田鋼太郎がブレイクといっていい程、知名度が高まったので、その印象が一層強まったところです。

 物語としては、途中で、あれっこれ何の話なの?っていう疑問がわくようなところがあって、おそらく宗教的な背景の理解が不可欠だと感じるのですが、それでも会話劇として、どうしようもないアル中たちの粗野な振る舞いなども含めた面白さが際立っています。

作 コナー・マクファーソン
演出 栗山民也
出演 小日向文世 吉田鋼太郎 浅野和之 大谷亮介 平田満
12月27日夜 パルコ劇場
posted by 行き先不詳 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サンバ」

 「最強のふたり」の監督と主演による、不法滞在の移民を題材にとったヒューマンコメディ。シャルロット・ゲンズブール演じる女性は、精神的な問題で休職中で、社会復帰のためか移民に対するサポート活動をしていて、セネガルからフランスに来て10年になるサンバ(オマール・シー)と出会います。サンバは、滞在許可を失効し、問題を起こすと強制送還になってしまう身になるのですが、サポート対象という存在を超えて、恋愛感情をもつようにもなって…っていう展開。社会的なテーマがあってシリアスなところも押さえつつ、コメディテイストなところは「最強のふたり」に共通しているかなとは思いました。
posted by 行き先不詳 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「インターステラー」

 ワームホールとかブラックホールとかが出てくるので、もっとトンデモな話かなと予想してました。いや、背景になる理屈自体は、あまり意味が分からないですけど、なぜか納得させられる説得力があります。なんといっても、世界観にねじ伏せられる映像と音楽の力に圧倒された形です。

 特に、中盤でマット・デイモンが出てくるあたりから、ぐいぐい惹き込まれたのと、終盤の想像力を具現化した映像に、ワケ分かんないところあるけど、これはスゴいなと感動しました。
posted by 行き先不詳 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベイマックス」

 面白かったです。2D字幕で観ましたが、3D吹替でもと考えてます。街並みとか、出てくる小物とかを観てるだけでも楽しいので、ストーリーを押さえた上で吹替で観たら発見が多そうだなとも思います。

 予告や宣伝から予想していたものとは違って、アメコミヒーローものみたいな話で、アニメーションのエンタメ要素がふんだんに盛り込まれていて、満足感が高かったです。

 内容としては、あんまり説明的でなかったので、真相についてよく分かってないところもありますけども。
posted by 行き先不詳 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアターコクーン・オンレパートリー2014+大人計画「キレイ 神様と待ち合わせした女」

 私は、再演は観てるのですが、初演は観てません。ただ、主演も含めてキャスティングの比較は興味深そうだなと思うところです。主演の多部未華子はかなりしっくりくる印象を受けましたし、阿部サダヲの演ってた役を小池徹平が、片桐はいりが演ってた役を皆川猿時が、ってのは意外性もありつつ面白くてよかったと思います。

 ミュージカルということでは、曲調のバリエーションが豊富で、統一性はないですけど、そこが楽しかったです。あと、カーテンコールの軽さがよかった。

作・演出 松尾スズキ
出演 多部未華子 阿部サダヲ 小池徹平 尾美としのり 田畑智子
皆川猿時 村杉蝉之介 荒川良々 伊勢志摩 猫背椿 宮崎吐夢 顔田顔彦 少路勇介 町田水城 伊藤ヨタロウ 家納ジュンコ オクイシュージ 松尾スズキ 田辺誠一 松雪泰子 ほか
12月20日夜 シアターコクーン
posted by 行き先不詳 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。