2015年01月03日

「フューリー」

 第二次世界大戦末期のドイツを舞台にした戦争映画。ブラッド・ピット、ローガン・ラーマン、シャイア・ラブーフらが出演。

 正義とか悪とかを超えた戦場のリアルさの地獄絵図ぶりに圧倒されます。戦争アクションとしての面白さがありますし、チームの結束や人間関係の亀裂、新兵の成長などのドラマとしても見所がありました。

 また、制圧した街で、束の間の休息を得る場面は、重要な転機になるだけでなく、戦闘シーンでないなりに惹き付けられました。若干、強引さを感じさせるかもしれないですけど。
posted by 行き先不詳 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

「ゴーン・ガール」

 ネタバレ厳禁的な映画で、予告から想定していた物語は前半で出尽くすので、そこからどんな展開、着地となるのかが読めないまま、先に進むかんじでした。

 失踪する奥さん役のロザムンド・パイクが美しいときと、途中の美しくないときの凄味の落差がスゴかったです。
posted by 行き先不詳 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シス・カンパニー公演「鼬」

 昭和の東北の閉鎖的な村を舞台に、ある旧家をめぐる骨肉の争い、欲得ずくの企みや言い争いなどが描かれます。

 鈴木京香の悪女ぶりと白石加代子らとの方言を使ったセリフの罵り合いが見所になってました。あと、舞台美術と照明も印象的でした。

作 真船豊
演出 長塚圭史
出演 鈴木京香 高橋克実 江口のりこ 山本龍二 峯村リエ 佐藤直子 塚本幸男 赤堀雅秋 白石加代子
12月13日夜 世田谷パブリックシアター
posted by 行き先不詳 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青山円形劇場プロデュース「夕空はれて〜よくかきくうきゃく〜」

 元々は別役実の新作予定でしたが、体調が思わしくなくて、既存の戯曲に変更になったという経緯がある公演です。

 不条理劇で、ほとんど不毛な会話のやり取りで進みますが、それがただただおかしくてかなり笑いました。とはいっても、ほかの演出家、出演者ではこういう面白さにはならないんじゃないかなという印象も同時に受けるところでした。

 なお、青山円形劇場が閉館になるということで、私のこの劇場での観劇はこれが最後となりました。

脚本 別役実
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 仲村トオル マギー 山崎一 奥菜恵 緒川たまき 池谷のぶえ 犬山イヌコ
12月10日昼 青山円形劇場
posted by 行き先不詳 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「滝を見にいく」

 幻の滝を見るツアー中に、ツアーガイドが道に迷ってしまって、取り残された7人のおばちゃんたちが山で突如サバイバルしなくちゃならなくなる話。

 演技経験のない人も含めて、有名俳優がほとんど出演していないということで地味には違いないですが、7人の個性と、一味違う空気感が出ていて、独特なおかしみを感じさせます。ユルさとほっこりする後味でした。
posted by 行き先不詳 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ショート・ターム」

 “ショート・ターム12”というのは、ティーンエイジャーを対象とした短期保護施設のようなのですが、はっきり施設の概要が説明されるわけではないので、なんとなくの児童福祉施設という理解で観るかんじでした。そこで働くスタッフと入所している少年少女を描いていますが、心に傷を負っている子どもばかりで、シリアスな現場です。分かりやすい感動作ではないですし、そこに誠実さを感じました。
posted by 行き先不詳 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天才スピヴェット」

 天才少年が一人でアメリカを横断するロードムービーであるし、家族との絆を取り戻すような物語になっています。少年の天才ぶりよりは繊細さやかわいさが前面に出ています。

 2D字幕で観ましたが、3Dならではな効果を見せていると思わせる箇所がいくつもあって、若干後悔しました。
posted by 行き先不詳 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする